MENU

胃カメラのよくある質問

胃カメラの検査費用について教えてください。

健康保険が適用され、3割負担の場合、自己負担額は4000~5000円前後が目安となり、口からの内視鏡検査と大差がありません。
尚、ポリープや腫瘍などの病変が発見された場合には、細胞を採取する検査(病理検査といいます)を行なうことがあり、その場合では自己負担額が8000円~10000円程度になることがあります。

※医療機関や検査内容によって異なることがございます。


但し、健康診断としての検査の場合は全額自己負担となります。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

鼻からの胃カメラ検査にむかない

鼻腔が曲がっている方、鼻腔が狭い方は、まれに鼻から挿入から挿入できない場合があり、口からの検査に切り替えられます。
花粉症など鼻炎症状のある人については、適切な前処置を行えば、ほとんどの場合は大丈夫ですが、検査中に鼻がツーンと感じやすくなる方がいらっしゃいます。
尚、以下の方についても、口からの胃カメラをおすすめします。
(1)口から挿入する内視鏡で、特につらさを感じたことのない方
(2)ポリープ切除の可能性のある方
(3)胃がんなどの病気に対する精密検査が必要といわれた方
(4)潰瘍による出血が疑われる方

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

胃炎と内視鏡画像

検査時間はほとんど変わりません。ただ、嘔吐反射が少なく苦痛が軽減されます(※)ので、多くの方が検査時間を短く感じられるようです。(※ 軽減の程度には個人差があります)

逆流性食道炎と内視鏡画像

個人差はありますが、麻酔などの前処置をしっかりと行うことで、多くの方々はあまり痛みを感じないとおっしゃっています。
ちなみに、アンケート調査によると、鼻からの内視鏡検査を受けた人たちの約95%が「次回も鼻から」の検査を希望しています。

胃の内視鏡検査、どのタイミングで受ける?

まれにあります。
ある施設の報告では、1~2%程度の頻度との報告もあります。
ただ、鼻粘膜を保護するなどの前処置をしっかりと行うことと、医師もカメラの映像をみながら挿入することで、ほとんどの場合、鼻粘膜を傷つけることなく検査を行なうことができます。
ご安心ください。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

当院の鼻から入れる胃カメラの特徴

最近の内視鏡は、スコープの先端部分がしなやかになり、鼻の中を通るのに適した柔らかさになっています。
また、鼻腔を広げたり通過をよくする薬や麻酔が使われたりするなど工夫がなされていますので心配ありません。詳細は医療機関にご確認ください。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

当院での胃カメラ受診にあたっての注意事項

感じ方は個人差がありますので、ツンとするような感じを持たれる方もいらっしゃいますが、
大きな痛みではないようです。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

鼻からの胃カメラの流れ

通常、通りの良い方を選んでいただきます。
ただし、選んだ側が狭かったり曲がったりしている場合などは、もう一方の鼻からの挿入に切り替えるときもあります。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

よくあるご質問と回答をまとめました。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

これまでの研究では、第一度親近者(親子・兄弟)に大腸がんになった人が一人いる場合、そうでない場合に比べて大腸がんになるリスクは1.7倍高くなるという報告があります。
しかしながら一般的には食事や飲酒、喫煙、運動などの生活環境のほうが影響が強いといわれています。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

胃カメラで分かる病気とは?

大腸内視鏡検査では、ただやみくもに奥に進めていくだけでは引っ張られるために苦痛を生じます。熟練した内視鏡医は、検査部位を上手に蛇腹のように折りたたんで直線的に挿入するために大腸が引っ張られることなく、したがって苦痛なく奥まで挿入することが出来ます。
当院では、他の医療機関で奥まで入らなかったり、苦しかったりした方が多数来院し、苦痛なく検査を受けることができたと多くの患者様に喜んでいただいております。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?

胃炎と内視鏡画像

概ね20分程度に検査は終了します。
大腸ポリープの切除を行なう場合には、数にもよりますが大体30分~40分程度で終了します。

逆流性食道炎と内視鏡画像

検査前日は低繊維、低脂肪のできるだけ消化のよい食事を召し上がってください。
尚、水分もいつもより意識してしっかり摂取して下さい。(水分量がたりないと下剤の効きめが悪くなります。)
水分としてはお茶や水、スポーツドリンクなどがおすすめです。
検査前日ならコーヒーや紅茶は飲んでいただいてもかまいませんが、牛乳や生クリーム、粉末クリームはできるだけ入れないで下さい。アルコールも検査前日は控えて下さい。

胃の内視鏡検査、どのタイミングで受ける?

特に病変なく 検査のみの場合 6000~7000円程度ですが、病変があり 組織検査実施の場合、病変の数や部位により異なりますが、 15000~20000円程度になります。さらに ポリープ切除の場合も切除部位 個数の違いにより 20000~30000円程度の自己負担になることがあります。


※各医療機関により 異なる場合がありますので 詳細は 医療機関へご相談いただくとよいと思います。

胃カメラ(上部内視鏡検査)とは?